情報技術とプログラムの学習へ

小学校のプログラミング授業は「プログラミング的思考」という『考え方』『発想力』などを育てる学習を行いますが、中学校ではICT(情報通信技術)を学びます。
従来では「プログラムを作成」という漠然とした内容に対し、2021年から実施される内容は、社会での情報機器の取り扱いや課題に対しての問題点や改善点を洗い出し考えることを目的としているのが違いです。
 

本格的なプログラミング授業で学習することの意義

実は中学校でのプログラミングはとても大事なのです。
小学校でのプログラミング授業は「考え方を学ぶ」ことを目的としていますが、それだけでは数学の公式を暗記するのと変わりありません。
情報セキュリティのほか、実際に「自分で考え」「実行し」「問題点を見つけ出して」「改善する」というPDACサイクルと技術面を体験することが目的です。「プログラミングすること」がゴールではありません。
 

多彩なセンサーで広がるプログラミング的思考

小学生が学ぶプログラミングは手順については1つの行動について1つのみ対応する、いわば「1本道」。
ロボットプログラミング講座で学習する内容は並列動作とレベルアップ。
ICTの入門講座として最適です。
 

大人も受講できます

プログラミングはそれほど難しくありません。
楽しみながらロボットで確認、実演、プレゼンテーションをしていきます。

社会人のかたも気軽にでき、また、近年ではアルツハイマー症候群の緩和になると研究中の報告もされています。
まずはどんなものかふれてみませんか。

住之江公園校

体験受付中

大阪天満宮校

実施していません