ジュニア・プログラミング検定

プログラミングが「できる」という証明―――

多くのロボットプログラミング教室で採用されている「プログラミング」講座の基本となるもの、それがアメリカ、マサチューセッツ工科大学で開発されたScratchです。
いまや世界中の多くの子どもが触れているプログラミング学習ソフトウェアの1つとなっています。
そもそも、このScratchはパソコンやタブレット上で簡単にプログラムできる教材で、ゲームや音楽演奏など子ども自身がプログラムを作り、公開をしています。
プログラムは見えない能力を学習するため、能力を表現する方法として検定試験を行っています。

3段階に分かれた検定試験は、遊び心もくすぐる問題ばかりです。
お子さまのプログラミング思考を「見える化」にしているので、成長度合いもしっかり見ていくことができます。

サーティファイ 「ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門」も併せてご参照ください。

ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門