パソコン・プログラミング教室のSKYコンピュータスクール(大阪市住之江区、代表 伊東愛智)は、8月15日に日本商工会議所・各飛翔会議所主催の「日商PC検定」および「日商プログラミング検定」試験会場の認定を受けましたのでご報告いたします。

「日商PC検定」は2006年4月から実施されている企業実務においてIT(情報通信技術)を利活用する実践的な知識、スキルの修得に資するとともに、ネット社会に対応した新たなビジネススキルの育成を図る目的で実施されており、合格することで入試で優遇される大学があり、また、職務経歴書(履歴書)の有資格欄に記載可能な検定試験です。

一方、「日商プログラミング試験」は2019年より開始された新しい試験で、2020年に小学校にてプログラミング教育が必修化されますが、一方で、IT需要が増大する中でITを利活用できるスキルを持った人材が不足していることが実社会おいての課題となりつつあります。
このような背景から情報技術の基盤となるプログラミングスキルの学習を支援するための検定試験「日商プログラミング検定」が開始されました。
このうち、ENTRY試験は当校で実施しているロボットプログラミング講座の基になっている"Sratch"を使いますので、小学生から受験することが可能です。

当校では、受験予約は9月10日(火)、受験開始は消費税改定後の10月2日(水)より行います。
なお、受験日時は9月中旬頃に公開予定です。

【日商PC検定】https://www.kentei.ne.jp/pc
【日商プログラミング検定】https://www.kentei.ne.jp/pg  [特設ページ]https://www.kentei.ne.jp/pg-special